掛軸修理 剥離 20161126

掛軸剥離header

弊社には様々な掛軸の修理依頼が全国から届きます。

今回は完全に作品が掛軸から剥がれ落ちている状態で届きました。(このパターンは結構珍しい。)

 

 

掛軸剥離001

こういった状態。

 

掛軸は糊を使い、和紙を作品の裏側から接着し補強します。この作業を裏打と呼び掛軸が出来上がるまでに3回の裏打が行われます。

糊は経年劣化で接着力が弱まっていき、徐々に裏打紙と作品が剥がれていきます。(もちろんすぐにではなく数十年の単位で)

掛軸を裏から見るとポコポコと裏打紙が浮いた状態が見られる場合は、糊の接着力が弱まってきている証拠なので掛軸の仕立替の時期の判断です。

 

その浮きをさらに放置しておくと写真のように完全に剥がれ落ちた状態になります。

掛軸剥離002

 

ここまで糊の粘着力が弱っているので、思い切って作品全体を剥がしてみました。

 

掛軸剥離003

 

上の写真だけ見ると掛軸って作品を貼り付ける台紙みたいなものが元々あってそこにただ貼り付けているだけのように思われるかもしれませんね・・・(汗)

実際そういった勘違いをされているお客様は結構多く、よく「掛軸のぐるりの台紙だけ売ってくれ」なんて事も言われます。

掛軸は一点一点作品にあわせて製作いたします!!

 

表装部分がそのまま残った状態で作品が剥がれるのは非常に珍しいケースです。

よっぽど糊の粘着力が弱まっていないとこうはいきません。

通常は表装部分から作品部分を切り離し、裏打紙をめくっていきます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 


さて、剥離が偶発的に自然と行われていたので、それを新たに飾れるように表装しなおしました。

 

掛軸剥離006
 

以前の表装裂地と似たような裂地でやり直して欲しいというご要望だったので緑色の似たような風合いの裂地で仕立替をいたしました。

お正月までの納期だったのですが年末の依頼だったので何とか納期に間に合わせました。

お客様の新年のお床を華やかに飾ってくれていることを願っております。

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)