尼崎市 のお客様より四国八十八ヶ所納経軸の掛軸表装依頼

兵庫県尼崎市は大阪府の隣に位置する兵庫県の東部の市。人情味溢れる街の雰囲気がとても印象的な場所です。私も前職が尼崎配属であった為、約3年程こちらの地域に住む事となり、仕事の面でも生活の面でも多くの思い出が詰まったエリアです。

今回はそんな思い出深い尼崎市のお客様より四国八十八ヶ所の掛軸表装のご依頼をいただきました。

 

尼崎市

私が住んでいたのは阪神沿線の尼崎駅近く。アルカイックホールの近く、平安祭典裏のレオパレスです。(まだあるのかどうかはわかりませんが・・・)

職場は『大物』と書いて『だいもつ』と読む隣駅の近くでした。

大変マニアックな身の上話で恐縮ですが、今回ご依頼をいただいてお伺いさせていただいたご自宅がまさにその阪神尼崎駅~大物駅の間にあったからです。前職では毎日のように自転車で通り過ぎたご自宅だったので不思議なご縁を感じました。

お客様にそのお話をすると

『そーかー、この近所やってんな〜。3年も住んどったらどっかで会っとったかもしれんな〜。』

と笑いながら喜んでいただけました。

 

今回お預かりさせていただいた四国八十八ヶ所のまくりがこちらです。

002

 

弊社の仏表装パターンNO.10の『醍醐』にて承らせていただきました。仕上がりがこちらです。

001

 

この醍醐のパターンは渋みと重厚みがあり、弊社の仏表装の中でも特に人気の裂地なのでお客様にも大変ご満足いただけました。

最後には

『おう!またアマ来いよ〜』

と気さくに声をかけてくださったのも嬉しかったです。

弊社のご利用ありがとうございました。

(ちなみに尼崎に住んでいる大抵の人は普段は尼崎の事を『アマ』と略して使います。経験上そんな気がします。)

 

弊社は遠方のご自宅でも出張対応いたしております。掛軸表装の事なら何でも気軽にご相談下さい。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)