四国八十八ヶ所 御影札 の掛軸表装依頼 | 神戸市 西区

000

神戸市西区

四国八十八ヶ所を回られた事がある方ならご存知かと思いますが、各札所でお参りをすると『 御影札 』(みえいふだ、おみえふだ、おみえ)という小さなお札をもらいます。横5cm × 縦7cm程の和紙に各札所のご本尊が印刷された物です。

002

四国八十八ヶ所 御影札

 

それらを収容する事が出来るアルバムも販売されています。(弊社でも取り扱っております。)

001

四国八十八ヶ所 御本尊御影保存帳

 

これらの御影札を1つ1つ繋ぎ合わせて様々な作品に表具する事が出来ます。

 

今回は神戸市 西区 のお客様から御影札の掛軸表装依頼をお受けいたしました。

御影札の軸装は通常の掛軸とは違い、一枚一枚のお札を組み合わせていき、まずは本紙の部分を完成させてから表装します。

それぞれの御影札の大きさは微妙にそれぞれ異なるので同じ大きさに揃える為に88枚カットしなくてはなりません。その後、それぞれを繋ぎ合わせていくので相当な時間と集中力が必要とされます。お札を繋ぐ際にズレが生じてしまうと繋ぎ合わせる度に少しずつズレていき、最後のまくりの完成時に大幅な歪みが生じてしまいます。

ですので御影札の表装は札を繋ぐ為の料金が別途必要となるのが通例です。納期も通常よりも長めに頂くようにしています。

今回は弊社の仏表装パターンのNO.05 『蓮華・本仏』にてお仕立てさせていただきました。こちらが完成した四国八十八ヶ所御影札の掛軸です。

四国八十八ヶ所 御影札 掛軸

 

神戸市の西区にお住まいのお客様でしたので掛軸の完成をご連絡すると弊社ギャラリーまで取りに来てくださいました。

ギャラリー

弊社ギャラリー

御影札の掛軸の完成に大変喜んでくださり早速ご自宅の床の間に飾られるそうです。

最近では四国八十八ヶ所の納経軸をしなくてもこの頂いた御影札を掛軸やその他の作品にされる方も増えてきております。

四国八十八ヶ所の御影札を作品にするのをご検討の方は是非弊社までご相談ください。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)