四国八十八ヶ所の納経軸 掛軸表装依頼 | 姫路市

姫路市 四国八十八ヶ所 掛軸 納経軸 表装

姫路市

古くから城下町として栄えた 姫路市 は今も播州地域の中核としてその役割を果たしています。世界遺産である姫路城の大改修も終え、観光客も多く訪れる人気のエリア。

今回はそんな 姫路市 から四国八十八ヶ所の納経軸の掛軸表装依頼。早速お伺いさせていただきました。

姫路市

姫路市 は平成の大合併もあり、かなりの広域のエリアとなりましたが今回は南の沿岸部にお住いの方でした。沿岸部は灘のけんか祭りに代表されるように祭りが盛んな地域。特に秋は大変な賑わいで有名です。

お客様にお祭りの話をお伺いすると止まらなくなってしまいました(笑)

姫路の方の祭り愛の深さを垣間見た気がしました。

 

今回お預かりしたまくりはこちらです。浄土真宗の方が多い地域ですがお客様は真言宗の方でした。

姫路 四国八十八ヶ所 掛軸 納経軸 表装

ちょっと写真の撮り方が悪く、全体的に赤~黄色っぽく見えますが実物は綺麗なまくりです。

今回は弊社の仏表装パターンのNO.19 『麗雅』にて掛軸表装させていただきました。

姫路市 四国八十八ヶ所 掛軸 納経軸 表装

重厚みのある落ち着いた金が特徴的なこの裂地をお客様も大変気に入ってくださり、当初の予算より少し上になったそうですがこちらの裂地にして良かったと喜んでいただけました。

ご依頼下さり本当にありがとうございました。

弊社は遠方のお客様の元でも出張対応を承っております。四国八十八ヶ所などの掛軸についてのご相談は是非弊社までご連絡ください。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)