動画 一覧

My Beloved Japan

 

日本人には独特の美意識があり、様々な価値観が生まれ、伝統、風習、文化などに影響を与えています。この日本人独特の美意識を読み解くひとつの鍵が掛軸です。 ㈱野村美術は掛軸を通じて日本の美意識を伝えていきます。

JR垂水駅から㈱野村美術までの行き方

 

JR垂水駅から株式会社 野村美術までの行き方紹介です。 徒歩約15分ほどです。バスの乗り方もご案内しております。

掛軸の飾り方 しまい方

 

掛軸の飾り方としまい方の説明。紐の巻き方など丁寧に解説しています。

風鎮の飾り方

 

風鎮(ふうちん)とは、掛軸の軸先に付ける錘のこと。「風を鎮める」という字の如く、掛軸が風に揺れないようにするためのもので、飾りとしての意味合いも強い。中空になった陶磁器などに房を通した構造をしており、その房を軸の両端に掛ける。 錘には陶器や磁器の他にも、メノウ、水晶、黒檀などで作られたものがある。特に最近では住宅の気密化によって本来の役目が失われつつあるため、重さによって掛軸が傷まないようプラスチック製の風鎮なども生産されている。また、高級なものは専用の桐箱が付属することが多く、使用しない時はこれに収めて保管することとなる。

武者絵 掛軸 の表装仕立替 - リビングに掛軸 -

 

古い武者絵の掛軸の表装仕立替を承りました。
随分と傷んでいましたが無事に修復完了いたしました。
お客様のご自宅には床の間はないそうですが、大切な掛軸で気に入っているものなのでリビングに飾って楽しまれるそうです。
お写真をいただきましたが床の間でなくても飾り方次第でリビングでもお洒落に感じるものですね。すばらしい。

真表装 (仏表装) 仕立 : 「無碍光」

 

– 仏画表具 –
仏仕立て、神仏表具、神聖表具、中尊表具、本尊表具とも言う。仏画や頂相、題目、墨蹟など仏教に関する礼拝用の書画の表装に用いる形式。天地が中廻しを取り囲むことからこれを総縁と呼ぶ。 今回は「無碍光」の墨蹟作品を真の行仕立(一文字が本紙の上下に付き、中廻しと総縁(外廻し)が周囲を廻る形式)にて軸装させていただきました。

表装: 中国製掛軸の仕立替

 

掛軸ははるか昔に中国から日本に伝わってきたものです。室町時代に日本では茶の湯の文化と相まって大きく独自の発展をし、ひとつの文化を形成し今日に至ります。中国でも日本の掛軸文化とは違った発達をし、様々な画題や作風が生まれました。現在でも多くの掛軸が愛好家をはじめ様々な人達に親しまれ飾られています。 今回はそんな中国画の掛軸の仕立替の相談をHPからお受けいたしました。

CM: 美術品の表装 (表具) 、修理

 

創業45年、神戸の地で磨き続けてきた表装技術で古く傷んだ美術品(掛軸、巻物、衝立、屏風、和額など)を修復いたします。兵庫県下は出張相談承ります。是非お問い合わせください。

掛軸 再表装 工程

 

【旧裏打紙除去】
【裏打】
【仮張】
【折れ伏せ】
【補彩】
【付廻し、切り継ぎ】
【裁ち合わせ】
【耳折り】
【仕上げ】

表装: 旧裏打紙除去 (めくり)

 

掛軸は補強の為に、数回にわたり作品の裏側から和紙を糊で接着させる裏打と呼ばれる作業が行われます。 掛軸の仕立替をする際にはこの旧裏打紙を除去していく作業が必要になります。 一般的に掛軸には作品本紙から近い順に肌裏打、増裏打、総裏打の3枚の裏打紙が存在しており、仕立替の際には外側の和紙から順番に除去していきます。 旧裏打紙の除去の難易度は本紙に近い裏打紙ほど難しく、本紙に直接裏打されている肌裏紙の除去は修理の中でも最も難しいとされています。 作品を傷めないよう指先に全神経を集中させて慎重に紙を剥ぎ取っていきます。 肌裏紙が剥がされていくにつれ、作品の本来の状態が現れてきます。

表装: 裏打、仮張り

 

【裏打】
「裏打」とは補強のために糊を使い紙、絹、裂地に和紙を貼ることである。用いる和紙は本紙の状態や目的に合わせて選択する。 本紙の支持となる紙を、本紙の裏面に直接貼り付ける裏打ち作業を「肌裏打ち」と言う。この作業では比較的薄く締りのよい紙が使われる。紙本の肌裏打ちには水状の薄い糊を用い、絹本にはやわらかいペースト状の濃い糊を用いる。 本紙の裏面から湿りを入れてよく伸ばしておき、肌裏紙の裏面に糊を付け、掛竹に掛けて持ち上げ、本紙の裏面にのせながら撫刷毛で撫で付ける。

【仮張】
肌裏打の工程で、本紙は湿り気を帯び、伸びた状態にある。仮張りに張り込むことで、乾燥に伴う収縮によって本紙や表装裂地は平らになる。仮張りに張り込んで乾燥させることで本紙と表装裂地の応力を調整し、掛軸に仕立てた時のバランスを取る。

表装: 折れ伏せ (折れ当て、折れ止め)

 

掛軸は収納時に巻く為、掛軸特有の傷み方があります。曲げ伸ばしを繰り返すうちに、本紙が折れたり、その部分から破れてくることもあります。 それを防ぐ為、折れた部分に裏側から折れ伏せいう細い補修紙を当てて補強します。(「折れ止め」「折り当て」などとも呼びます。) 薄美濃紙などの丈夫で薄い和紙を細く裁断したものを用います。 手作業の細かく繊細な仕事です。

表装: 補彩、加筆

 

残念なことに作品の保存状態が悪く、作品の一部が欠損してしまっている場合があります。 裏打をしても欠落部分のみ何もない不自然な状態になる場合があります。 依頼主の許可の下、作品の欠損箇所が不自然にならないように周囲の色調とバランスをとるように色彩を加えます。場合によっては作品に筆を入れる事もあります。 画材の扱いや色彩感覚、作品の理解など多くの知識を必要とする非常にデリケートな作業。

表装: 付廻し(切り継ぎ)、裁ちあわせ(断ちあわせ)、耳折り

 

【付廻し、切り継ぎ】
本紙と表装裂地を継いで、掛軸として一体化にする作業。本紙は仮張りから剥がして正確な矩形に断つ。本紙と表装裂地を新糊で張り合わせて掛軸の体裁に整える。

【裁ち合わせ】
増し裏打の後で、掛軸や巻物などを寸法に合わせて切り整える作業。

【耳折り】
端折りともいう。掛軸の左右の縁を裏面に向かって一分から一分五厘程折り返す作業。折り返す幅は掛軸の大きさにより異なる。付廻しの後、総裏打を施す前に行う。

表装: 仕上げ

 

掛軸の上端に八双、下端に軸棒を装着する。八双に風帯を縫い付け、カンを打ち込み、掛緒と巻緒を付けて仕上げる。(風帯がない場合もある。)

表装: 洗い、洗浄、クリーニング

 

汚れやシミを経験の積み重ねによって編み出した効果的な薬品や手法を用い取り除いていきます。これが「秘伝の技」で、言わば企業秘密の部分。注意しなければならないのは、その作品が歩んできた歴史の風格の色まで損なってはいけない事。真っ白にすればそれで良いというものではないのが熟練の表具師の判断の必要なところ。

作家紹介: 山崎啓次 日本画家

 

「自然との融和」をテーマに花鳥、風景を描く日展作家。1937年(昭和12年)大阪生まれ。佐藤太清の一枚の作品との出会いから始まった画道。インタビューを通じその世界観を紹介します。

作家紹介: 川人勝延 日本画家

 

1922年(大正11年)徳島生まれ。日展作家。白を基調とした遠近感のある風景画と味わい深い付け立て画が人気の作家。絵に対する自身の想いを語っていただいています。

作家紹介: 加藤智 日本画家

 

日本画家。日展作家。昭和22年、東京都出身。昭和41年、日本画家の杉原元人に師事し、同43年に児玉希望(日展系物故日本画家)に内弟子として入門する。同46年に日展初入選(以降出品)、同48年より、奥田元宋(文化勲章、現代日本画壇を代表する日展系の日本画家)に師事。児玉希望最後の内弟子として受け継いだ絹本水墨画と奥田元宋を髣髴とさせる色彩豊かな作品が特徴。

作家紹介: 清水寺貫主 森清範

 

森清範(もりせいはん、1940年(昭和15年)7月8日 – )は、清水寺の貫主(住職)。また、1995年(平成7年)より始まった財団法人日本漢字能力検定協会が主催する「今年の漢字」において、公募で選ばれたその年を表す一文字の漢字を清水寺の舞台で揮毫していることでも知られている。

高橋友峰 大安禅寺住職

 

略歴:
福井県大安禅寺の住職
昭和23年福井県生まれ
兵庫県西宮市の海清寺僧堂で6年間の修行。
平成元年、福井県・大安禅寺の住職に就任。
座禅指導や講演など県内外を含め幅広く活動。大安禅寺は、福井藩歴代の廟所として、第四代藩主松平光通公が万治二年(1659年)創建した由緒正しき寺院である。

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)