「裂」は元来織物、染物、刺繍の断片を意味するが、転じて布帛全般を指す言葉として使われる。また古美術的織物などの意味にも用いられる。日本画では表装裂として広く使用されている。
裂の選定は掛軸にとってとても重要な要素であり、作品の魅力を引き立たせる表具師のセンスが求められる。
裂は縦糸と横糸で縫われ、縦糸と横糸の色を変えることによって紋様が形成される。
裂地の価格は糸の種類や織り方により変わってくる。

緞子と金襴

裂には非常に多くの種類が存在するが、大まかに「緞子」と「金襴」に分けられる。

緞子は茶の巨匠である千利休によって好まれた事で有名である。表裏異なる組織によって文様を表した織物。先練りされた糸を用い、各糸は同色の場合と異色で織る場合とがある。深い味わいと光沢があるのが特徴である。絹や綿、化繊など様々な材料によって織られる。

金襴は金の平箔糸(紙に箔を貼り付けて細かく裁断し、糸状にしたもの)を織り込んで文様を表した絹織物。僧侶は袈裟に用い、掛軸では一文字や中廻し、風帯などに用いられる。中国では織金といわれ、宋代に始まり明代に全盛を迎える。日本には鎌倉時代に伝えられたと考えられる。現在、京都西陣で多く織られている。金は高価なため、代用品としてアルミニウム箔などを用いたものは代用金襴と呼ばれることもある。一般的には大まかに準金襴、中金襴、本金襴などと大別される。

donsu
緞子
  kinran
金襴

原則

裂地は作品をより印象的なものにする事が役割であり、作品を引き立てなければならない。シンプルなルールだが奥が深く、作品を生かすも殺すも裂地しだいなのである。

ex01



「裂地は作品より目立ってはならず、作品を引き立てなければならない。」というのが表装裂地選びの暗黙のルールである。高価な裂地を使えばいつも良いというわけではない。裂地の選定は非常に難しく繊細なものなので、芸術の知識、材料を選ぶセンス、そして色彩感覚が必要になってくる。

 例1の良い組み合わせ例について・・・水墨画とは、「墨」一色で表現される絵画で、墨線だけでなく、墨を面的に使用し、暈かしで濃淡・明暗を表す。本作品では、静寂な雰囲気がとても重要な要素である。この例では、表装裂地がその雰囲気を引き立てているのがわかる。

 例1の悪い組み合わせ例・・・高価な金襴を使っているが作品よりも注意が裂地に引きつけられてしまう。これでは静寂な雰囲気が台無しである。


 

ex02



例2の良い組み合わせ例・・・本作品の十三佛は神聖で煌びやかに描かれており、荘厳な雰囲気が重要である。この例では、金襴の表装裂地がその雰囲気を見事に引き立てている。
例2の悪い組み合わせ例・・・柔らかい色の裂地が使われているが、作品を引き立てていない。「無難」な裂地を使えば良いというわけではないのである。

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)