桐箱 の蓋が固い原因は桐の特徴による一時的なもの

桐箱

桐箱 は優れた調湿性、耐火性、防虫性がある為、古来より掛軸の保存に使用されてきました。そんな 桐箱 ですが、お客様からこういった問合せを受けた事があります。

「桐箱を長期間使用していると歪みが発生して開きにくくなるって聞きましたが本当ですか?」

私の経験上で言うと今までお客様からお預かりした古い桐箱が歪んで開きにくかったという経験はあまりありません。中には数百年使用されてきた桐箱をお預かりする事もございますが、どれもスムーズに開きますし閉まります。(破損していて開きにくいのは別)

では何故上記のような事をお客様は耳にされたのでしょう?それには桐の持つ特徴が関係しているかと思います。

 

桐の特徴

桐箱

桐は湿度が高くなると水分を吸収し、膨張して桐内部への湿気の侵入を防ぎます。そして乾燥時には水分を吐き出し、元通りになるため、内部は常に一定の湿度を保つことが出来ます。桐箱のこのような特徴から湿度が高く桐が一時的に膨張していた際に、蓋が固いと感じられた方からさっきのような噂が広まったのかもしれませんね。

 

実際の古い桐箱

通常の環境で使用している分には特に桐箱の蓋が開きにくいという事はありません。

下の写真の桐箱はおよそ100~150年ほど前のものですが特に問題なく開け閉め出来ます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

さらにわかりやすくイメージ出来る様にこちらは動画でその様子をご紹介しております。

 

いかがでしたでしょうか?

湿気の多い国である日本では、桐箱は古来より美術品の保管に重宝されてきました。掛軸の保管の際には是非ご使用ください。

 

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)