中島佳香 / 宇治川先陣 - うじがわせんじん

商品ID
0187
商品名
中島佳香
作家紹介

昭和22・岐阜県生
無所属、個展、中日賞
日春展入選、日展入選、院展入選、各展入選
渡仏、得意: 花鳥

サイズ
705mm x 1960mm
軸先
紫檀
作品の素材
絹本
在庫
商品紹介

宇治川の戦い(うじがわのたたかい)は、平安時代末期の寿永3年(1184年)1月に源義仲と鎌倉の源頼朝から派遣された源範頼、源義経とで戦われた合戦。天下の激流である宇治川を挟んだ両軍の決戦は、義経軍の名馬「磨墨 するすみ」に乗った梶原景季(かじわらかげすえ)と名馬「生食 いけづき」に乗った佐々木高綱(ささきたかつな)の「先陣争い」で幕を切って落とした。先陣は策に長けた高綱がとり、義経軍が一斉に渡河して義仲軍を打ち破った。
武士にとって戦場での功名が出世を約束する時代、恩賞の対象となるのは先陣を勤めるか、名ある敵将の首を取って手柄を立てることであった事から、佐々木高綱は競争に勝つ力強い男の象徴としてされ多くの日本画家に描かれてきた。

本作品は中島佳香による宇治川先陣の様子を描いた作品である。敵からの矢が降り注ぐ中、猛々しく川を渡る佐々木高綱と悔しさを滲ませながら川を渡る途中の梶原景季が中島佳香の繊細なる筆致で見事に描かれている。高綱の甲冑の細かい描写は流石の一言である。男児の健やかなる成長を願って端午の節句に是非とも飾っていただきたい掛軸である。

中島佳香 / 宇治川先陣 - うじがわせんじんへ問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ必須
添付ファイル
※各ファイルは3MBまで



 

確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください。

 

自動返信メールが届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性がございます。
ご確認の上、もう一度ご入力ください。

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)