清水公照 / 観音図: 鹿 - かんのんず: しか

商品ID
0139
商品名
清水公照
作家紹介

1911-1999
第207世、第208世東大寺別当
華厳宗管長、兵庫県生
姫路市書写の里名誉館長

サイズ
540mm x 1410mm
軸先
黒塗
作品の素材
和紙
在庫
商品紹介

奈良公園は、奈良県奈良市の若草山麓に広がる都市公園。公園内の大部分は芝生に覆われ、約1200頭に上る鹿が徘遊する。これらの鹿は国際的にも有名で、奈良観光のメインとなっており、修学旅行生の姿も多く見られる。なお、この公園に鹿が放し飼いされていることには以下のような由来がある。
鹿は春日大社の神使であり、春日大社創建の際、茨城県にある鹿島神宮の祭神・武甕槌命が神鹿に乗ってやってきたと伝えられる。それゆえ、奈良公園の鹿は古くから手厚く保護されている。今でも地元の住民は鹿に愛着の念と共に畏敬の念を併せ持つといわれる。
本作品は清水公照によって描かれた観音と鹿の作品である。清水公照は華厳宗の僧侶で奈良県にある東大寺の別当を務めた。観音菩薩は仏教の菩薩の一尊であり、特に日本において古代より広く信仰を集めている尊格である。観音菩薩と鹿の組み合わせは清水公照ならではであり、非常に味わい深い作品である。

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)