藻刈舟 / 辰本青花 - もがりぶね

商品ID
0036
商品名
辰本青花
作家紹介

1935~ 京都出身
京都美校日本画専攻科卒業
師: 堂本印象
第九回日仏現代美術展大賞受賞
上野の森日本画大賞展入賞

サイズ
604mm x 1910mm
軸先
象牙代用
作品の素材
和紙
在庫
商品紹介

夏は川・沼・池・堀などに藻がよく繁茂する。藻は水の流れを妨げ・舟の進行を妨げたりする為、これを舟を出して舟上から刈り取る。この藻刈のために藻の中に乗り入れていく小舟を「藻刈舟」という。夏の風物詩でもあり、よく日本画の画題として選ばれてきた。藻刈舟は「藻を刈る」という発音が「儲かる」という発音に通じる所から日本人に人気のある画題のひとつである。
辰本青花は素描の達人として有名である。素早く対象の特徴をとらえて簡潔に表現する事に関しては卓越した技術を持っている。本作品は夏の夕暮れの藻刈舟の情景を描いた作品であるが、5分もかからずに完成させているのには驚きである。しかし決して雑な描写にはなっておらず、人物描写なども日焼けの様子などまで表現されており彼の技術の高さをうかがい知ることが出来る。

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)