加藤智 / 山雲 - さんうん

商品ID
0001
商品名
加藤智
作家紹介

1947-
東京生
日展会員
師:児玉希望、奥田元宋
日展審査員 特選2入選24
日春展20 日春賞2 外務省買上

サイズ
725 mm ✕ 1500 mm
軸先
象牙代用
作品の素材
絹本
在庫
商品紹介

水墨画とは、「墨」一色で表現される絵画で、墨線だけでなく、墨を面的に使用し、暈かしで濃淡・明暗を表す。絹本は古来より紙と同様に日本画の基底材として用いられてきたが、その扱いの難しさ故、近年絹本に描く作家は少なくなった。絹本は「ぼかし」、紙本は「にじみ」の世界と言われるように、絹本では色の濃淡(グラデーション)を綿密に表現する事が出来、紙本にはない独特な風合いを表現する事が出来る。
加藤智は昭和の日本画壇の巨匠であり、絹本水墨画の達人と言われた児玉希望の最後の内弟子としてその技術を学び、師特有の深く濃い漆黒の墨色を絹本上で表現できる数少ない画家である。
本作品では、自然の深く神秘的な雰囲気が見事に表現されている。加藤智は万物を育む自然の働きに心を集中させこの作品を完成させたのだろう。空白で表現された霧の表現からも加藤智の高い技術をうかがい知る事が出来る。画面中心近くに描かれた一羽の小さな鳥が自然の壮大さを引き出しているのが面白い。

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)