加藤智 / 仲秋 - ちゅうしゅう

商品ID
0105
商品名
加藤智
作家紹介

1947-
東京生
日展会員
師:児玉希望、奥田元宋
日展審査員 特選2入選24
日春展20 日春賞2 外務省買上

サイズ
600mm x 1980mm
軸先
象牙代用
作品の素材
麻紙
在庫
商品紹介

「月見」は、直訳すれば月を見る事だが、日本の秋の月を称える祭りである。一般的に旧暦の8月15日に仲秋の満月の祝いは行われる。現在の暦ではその日はたいてい9月か10月にあたり、その日の月は「仲秋の名月」として知られている。月に捧ぐ祭りは日本では長い歴史があり、平安時代に中国の仲秋節の要素が日本にもたらされ、貴族階級の人々は水に映った月の反射を見る為に舟を出す月見のイベントを開催したのであった。古来より日本人は旧暦の8月は地球、太陽、月の位置関係から月が特に明るくなる為、月を見るのに最高の時期だと考えていたのだ。
この作品は加藤智によって描かれた仲秋の名月である。岩絵具を用いた美しい色彩は彼ならではのものである。青と白の桔梗の描写が美しく印象深い。まるで満月を祝っているかのような幻想的な作品である。

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)