加藤智 / 富貴花 - ふうきばな

商品ID
0081
商品名
加藤智
作家紹介

1947-
東京生
日展会員
師:児玉希望、奥田元宋
日展審査員 特選2入選24
日春展20 日春賞2 外務省買上

サイズ
724mm x 1440mm
軸先
象牙代用
作品の素材
麻紙
在庫
商品紹介

日本の牡丹は「百花の王」と考えられ、富、幸運、名誉を含む象徴的な意味を持っている。8世紀ごろ中国から日本に伝わったとされ、世界中の庭園で好まれている。牡丹の象徴的な意味あいは多くの芸術の源となり、様々なモチーフとして用いられている。
掛軸の世界では牡丹の掛軸を飾ることは客人に対する最高のおもてなしと考えられ、初夏以外の季節でもしばしば飾られる事が多い。「紅白」は赤色と白色の組み合わせを意味し、縁起の良いものとして考えられている。
本作品は加藤智によって描かれた紅白の牡丹図であり、加藤智が牡丹の華やかさと紅白色のめでたさを見事に表現している作品である。岩絵の具を用いた鮮やかな色彩はそれらを表現するのには最適であり、本作品の格調を高めている。

加藤智 / 富貴花 - ふうきばなへ問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ必須
添付ファイル
※各ファイルは3MBまで



 

確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください。

 

自動返信メールが届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性がございます。
ご確認の上、もう一度ご入力ください。

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)