掛軸の表装修理依頼: 高砂 | 相生市

高砂 掛軸 修理 相生市

『 高砂 』(たかさご)は、能の作品の一つ。相生の松によせて夫婦愛と長寿を愛で、人世を言祝ぐ大変めでたい能です。
兵庫県の高砂市にある高砂神社の相生の松伝説を元にし、室町時代に世阿弥が書いたとされます。尉(じょう)・姥(うば)のモチーフは「高砂人形」と呼ばれる人形となり結納品のひとつとされたほか、一般におめでたい図柄として大衆化し、さまざまに使われています。

兵庫県の高砂市が発祥の地という事もあって特に播州地方では『じょうとんば』(『尉(じょう)と姥(うば)』が訛ったモノ)と呼ばれ親しまれています。

今回はそんな播州地方の西側、 相生市にお住いのお客様より 高砂 の掛軸修理のご依頼を受けました。

ご依頼いただいたのはこちらの掛軸。掛緒が切れてしまっている為、床に寝かせての撮影です。

高砂 掛軸 修理 相生市

 

作品自身にそれほど目立った汚れは付着してませんが長年の使用により巻きジワや表紙の折れが目立っています。

高砂 掛軸 修理 相生市

巻きジワ

 

高砂 掛軸 修理 相生市

表紙の折れ

 

高砂 掛軸 表装修理 仕立替完了

高砂 掛軸 修理 相生市

前回の表装裂地と似たような風合いのモノを使用して仕立替を行いました。全体的に淡彩で描かれた作品であったので少しの巻きジワでも作品の見映えに影響を与えてしまってましたが、仕立替を行う事で綺麗に浮きたって見えるようになりました。今回は作品の洗浄は行いませんでしたが、仕立替の際には必ず水を使用する為、水洗いである程度の汚れが落ちました。

また床の間に飾って楽しんでいただけるようによみがえりました。

弊社は掛軸の修理に関する出張相談対応も行なっております。相生市にお住いの方で掛軸の修理でお困りの際は是非ご相談下さい。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)