南あわじ市 | 四国八十八ヶ寺 納経軸 掛軸表装 依頼

南あわじ 本金 蓮華 四国八十八ヶ所 掛軸表装

 

西国三十三ヶ寺四国八十八ヶ寺の納経軸を 掛軸表装 する際の裂地で最もポピュラーと言われるのが植物の蓮華を金糸で織った『蓮華柄』といわれる裂地。

表装 蓮華 柄

蓮華 柄

蓮の花は泥の中でも綺麗な花を咲かせる姿から煩悩の中からでも悟りを開く事が出来るという仏教の教えの本質を表すと言われており、古来よりこの柄は佛表装では使われてきました。

今では金糸の種類を変えることによりバリエーションも増え、様々な種類の 蓮華 柄の裂地があります。準金襴、合金襴、和金襴、新金襴、中金襴などメーカーや取扱店などによってその種類や呼び名も様々です。

数ある金襴の中でも最高級の金襴というのは共通していて本金糸で織られた本金襴がそれにあたります。正確には本金襴にもいくつかのグレードがあるようですが、ある一定の基準はクリアされている為、『本金襴=高級品』です。

今回はそんな本金襴の蓮華 柄の裂地で四国八十八ヶ寺納経軸の 掛軸表装 依頼を兵庫県の南あわじ市のお客様からご依頼いただきました。(弊社の佛表装パターンのNO. 12です)

南あわじ 本金 蓮華 四国八十八ヶ所 掛軸表装

写真ではなかなか本金襴の輝きが伝わりにくいのが残念。(もしかしたら写真の撮影技術不足が原因かもしれませんが…(^^;; 精進します)

現物の裂地の輝きはやはり他の金襴とは比べ物にならないくらいの美しさがあります。

お客様のお床にも飾らせていただきました。

四国八十八ヶ所 本金蓮華 床の間

この度は弊社に四国八十八ヶ寺納経軸の掛軸表装依頼をいただきありがとうございました。

弊社は遠方の方のご自宅などでも出張相談を受け付けております。南あわじにお住いの方で掛軸表装などでお困りの方は是非弊社にご相談下さい。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)