天照皇大神の古い掛軸 表装修理 | 多可町

天照皇大神の古い掛軸

天照皇大神の古い掛軸

天照大神は日本神話における日本の最高神。太陽の神様とも言われています。日本では昔からお正月に初日の出を拝む風習があるので、この『天照皇大神』と書かれた掛軸をお正月に飾る方も非常に多いです。特に神道ではない方でもお正月にこの掛軸を飾る方が多いです。

今回はこの 天照皇大神の古い掛軸 修理のご相談を兵庫県の多可町にお住まいのお客様から頂戴いたしました。

多可町 天照皇大神の古い掛軸 表装 修理

長年ご自宅で使われている掛軸らしく表装が随分と傷んでいるのと全体に折れジワが発生しています。汚れも目立ち、掛軸の見た目を損ねてしまっています。お客様は新しい掛軸を購入されるよりも今使っているこの掛軸を修理して飾りたいというご要望でしたので弊社の方で仕立替させていただく事になりました。

 

表装オペレーション

今回の大まかな再表具のオペレーションの流れは以下です。

作品解体 (古い裂地や軸棒等の取り外し)

旧裏打紙を除去 (業界用語で「めくる」という作業)

作品洗浄 (汚れ落とし)

裂地選定

(現状の裂地と似たような裂地をお客様がご希望)

再表具

 

天照皇大神 掛軸 修理 表装

旧裏打紙を除去し、新しい肌裏打をする様子 001

 

天照皇大神 掛軸 肌裏打

旧裏打紙を除去し、新しい肌裏打をする様子 002

 

天照皇大神の古い掛軸 修理完了

修理後の掛軸がこちらです。全体の折れもなくなり汚れも落ちました。字が浮きあがってくるように見えます。

多可町 天照皇大神の古い掛軸 表装 修理

一文字には菊の御紋が織り込まれている裂地を使用いたしました。(掛軸の部位の名称についてはこちらのリンクをご参照ください。)

菊一文字

 

お客様はお正月に飾られたいというご要望でしたのでなんとかギリギリお正月前の納品にお伺いすることができました。

多可町

多可町 / 年末の様子

天照皇大神 掛軸 床の間

お客様のご自宅の床の間

 

お伺いするとご自宅にある床の間の前に飾られている変わった飾り物に釘付けになってしまいました。全て藁で編んで作っている松竹梅鶴亀です。

天照皇大神 掛軸 床の間

ものすごく細かい細工で多可町八千代区に住んでいらっしゃる職人さん一人しか作れない希少な物のようです。村のお宮の当番が何年かに一度回ってくるそうなのですがその時にこうして飾るようです。後ろの仕立替させていただいた天照の掛軸と引き立てあって良いですねぇ。今回は掛軸の修理のご依頼ありがとうございました。

弊社は遠方の方への出張相談も受け付けております。天照皇大神の古い掛軸 修理のご相談はぜひ弊社まで。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)