狸 の掛軸: まくりを未表装のままで放置しないで | たつの市

信楽焼 狸

狸 / 信楽焼

狸 は昔から縁起の良い生き物として日本では親しまれてきました。お店の前に置かれている信楽焼の置物などが有名ですね。

『狸は縁起が良い』と言われる理由には諸説あるようですが一説には『他(た)を抜く(ぬく)。』という語呂から来ているようです。

日本画の画題としても身近な存在であった狸は昔からよく描かれています。

狸

「狸 掛軸」での検索結果

今回ご相談いただいたのはそんな狸が描かれた作品の掛軸仕立て依頼です。兵庫県たつの市にお住まいのお客様からご依頼を頂戴しました。

 

狸 のまくり

狸 のまくり(作品、本紙)

 

お腹のふくれた可愛らしいタヌキが描かれています。顔つきになんとも言えない愛嬌を感じますね。

 

掛軸の作品の事を『まくり』と言うのですが、表装せずにまくりのままで置いておくと折れやシワが発生したりシミなどが発生しやすくなります。破れるリスクも高まりますので出来る限り早い段階で裏打を行い、掛軸や額などの作品に仕立てることをお勧めいたします。

今回はまくりの状態が大変良い状態でしたのできれいな仕上がりで軸装出来ました。(本当に紙の状態が弱っていると薄くなってしまっていてシワを伸ばそうとしてもなかなか伸びず、無理に伸ばそうとすると破れてしまうので厄介です。出来るだけ早めに表装してください。)

こちらが今回軸装させていただいた作品です。

余白の多い作品でしたので作品全体に広がりを持たせるように作品の地色と同系色の裂地で表装させていただきました。

お客様も広い草原に狸がいる姿を想像出来たようで大変喜ばれていらっしゃいました。これから長い年月この掛軸を楽しんでいただければ弊社としても嬉しい限りです。

たつの市で掛軸表装でお困りの方は是非弊社までご相談ください。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)