傷みの激しい掛軸の修理

今回は 傷みの激しい掛軸の修理 のご相談。
掛軸は巻いたり広げたりを使用の度に繰り返す為、長い年月の間に折れやシワなどの傷みが発生する場合があります。傷みの程度が浅い内に表装の仕立替を行えばそれほど問題はないのですが、傷みが進行してしまった状態での仕立替には様々なトラブルが発生してしまうので注意が必要です。

こちらが今回 傷みの激しい掛軸の修理 相談を受けた天神様の掛軸。

傷みの激しい掛軸の修理

紙本に描かれた掛軸ですが折れが激しく完全に裂けてしまっている箇所もあります。

傷みの激しい掛軸の修理

傷みの激しい掛軸の修理

 

仕立替を行うと旧裏打紙を除去するのですが、こういう裂けてしまっている部分は作品が剥落してしまい裂け目が広がる可能性が高いです。というか既に剥落してしまって作品がない箇所もありますね…(汗)

なるべく剥落を最小限に留める特殊な方法があるのですがそれでも多少は広がってしまうのでその部分は他の部分と比べると不自然な見た目となってしまいます。それを自然な見た目にする為に加筆する事を『補彩』と言います。大変時間と労力のかかる作業な為、別途費用を頂戴する形となりますが今回はお客様にご了承をいただいて行う形となりました。

 

「補彩」の作業についてはこちらの動画をご参照ください。

 

発色の強い赤色や青色の絵具で描かれている部分は仕立替の際に水をかけると滲んでしまう可能性が高いので作業を行う前にしっかりと色止めをしておく必要があります。

発色が強い部分ほど絵具を塗り重ねている可能性が高いので色止めを厳重に行います。

 

補彩は欠落している部分の周りと色を合わせなければならないのでとても時間がかかります。しかもあまり水分を多く使うと他の部分にまで水分が浸透してしまい黒ずんでしまうので最小限の水分で行わなければならず、絵具が伸びにくい為少しずつの着色しかできません。これが補彩には時間がかかるといわれる所以の一つです。

 

傷みの激しい掛軸の修理 完了

こちらが仕立替をしたあとの掛軸です。

 

しっかりと折れも改善され欠落していた部分にも補彩を行い自然な形となりました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

傷みが進行し欠損がある掛軸などの修理でお悩みの方は是非弊社までご相談ください。

 

修理作業について詳しくご覧になりたい方は下記のページをどうぞ。

 

掛軸の歴史について知りたい方はこちらの動画をどうぞ

 

 

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)