イギリスから「 鯉の滝昇り (登龍門)」掛軸のご注文

 

弊社は掛軸の魅力を日本だけではなく、海外の方にも知ってもらおうと数年前からずっと取り組んでおります。

ありがたい事に今までも数多くのお仕事をさせていただいており嬉しい限りでございます。

そんな中、今回はイギリスから掛軸のご注文を頂戴いたしました。全世界がコロナで大変な時期にこうして弊社にご注文を頂けるというのは本当にありがたい限りでございます。

今回ご注文いただいた掛軸がこちらです。

イギリスから「 鯉の滝昇り (登龍門)」掛軸のご注文

 

鯉の滝昇り の掛軸。

昔、中国の黄河の上流にある龍門という滝を鯉が登りきり龍になったという伝説が元になって鯉が立身出世を表すようになったと言います。日本で端午の節句に鯉幟を飾る風習もこの伝説が元になっています。今回の掛軸も同じ意味合いで端午の節句(こどもの日)に飾られます。

私も先日自分の息子が初節句だったので兜飾りと 鯉の滝昇り の掛軸を飾ってお祝いいたしました。(兜飾りは男児の体を守るという意味合いから健康長寿の祈願を意味します。)

兜飾りと鯉の滝昇りの掛軸はよくセットで端午の節句の日に飾られるのですが、子供も大変喜んでおりました。

イギリスから「 鯉の滝昇り (登龍門)」掛軸のご注文

 

イギリスのお客様がこんな日本の風習とかの事を知っている事はないと思いますので単純に絵を気に入ってご購入してくださったんだとは思います。

この絵のどういった所が気にいったのか等をまた詳しく聞いてみたいですね。

弊社は全世界対応で掛軸のご要望をお受けいたしておりますので、何か掛軸に関するご相談がございましたら遠慮なしにお問い合わせください。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)