一文字廻し 、 筋廻し について | 作品を引き立てる美意識

000

掛軸の表具のご依頼をお受けする際に、オプションとしてお聞きするのが

「 一文字廻し or 筋廻し はされますか?」

という質問。

ほんの小さなオプションで費用もそれほどかからないのですが、これをする事によって作品の見栄えが全然変わるので必ずご提案するようにしています。

今回はこの 一文字廻し と 筋廻し についてご説明させて頂こうと思います。

 

一文字 について

まず、掛軸には一文字という本紙(まくり、作品)の上下に金襴 or 銀襴の横長の裂地が通常取り付けられます。下の写真ので囲われた部分の裂地です。

一文字

一文字

 

標準の仕立てであれば作品の横には直接「柱」というパーツが取り付けられます。

001-01

 

一文字廻し

「一文字廻し」とはこの作品の左右に一文字と同じ裂地を取り付ける事で、作品を一文字の裂地でぐるっと一周廻ったようにするオプションになります。作品の周りに一文字の裂地が廻る事により作品全体が表具から浮き上がって見えるようになる効果があり、作品をより印象深く感じさせてくれます。

002

 

筋廻し

次に「筋廻し」ですが、これは「作品+上下の一文字」の周りに細い筋をぐるっと一周廻すように取り付けるオプションになります。下の写真では紺色の筋で廻しています。これも一文字廻しと同様に作品をくっきりと浮かび上がらせる効果があります。

003

 

たったこれだけのオプションなのですが、するのとしないのとでは作品の見え方が全然違ってきます。細やかな日本人の美意識が詰まったひと手間の細工なのでお薦めです。

昔の掛軸ではしていない場合も多いのですが、仕立替をする際などにはせっかくなのでちょっとワンランクアップの見栄えで表装されてはいかがでしょうか?

一文字廻しと筋廻しのどちらが上というものはないのでお好みで選んでいただくか弊社の方でより作品が引き立つ方を選ばせていただく場合もございます。

お気軽にお申し付けくださいませ。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)