増田千代松 の水墨山水掛軸の仕立替 | 南あわじ市のお客様より

増田千代松 掛軸 淡路 〆直 修理 仕立替 表具

南あわじ市

淡路出身の近現代の日本画家としてチェックしておきたい作家は不動立山、島田滴州、 増田千代松 の3人。(直原玉青は淡路の作家と思われがちですが出身は岡山県なので今回は外しました。)

明治~昭和時代に活躍し、それぞれに秀作を残しており地元ではその作品を持ってらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

今回はその三人の中の一人、 増田千代松 の掛軸の仕立替依頼を 南あわじ市 のお客様からお受けいたしました。

増田千代松

(1901〜1978)

増田千代松は明治34年に南淡町に生まれ。京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に進学し、卒業後、日本画壇の巨匠、平福百穂に師事。帝展に9回入選し、平穏で美しい日本の四季の風景、鳥魚動植物を書き続けた。天性の自由人と言われ、生涯独身で過ごし、本業の絵画以外に文学を愛し、書を嗜み漢詩・俳句・短歌を作り、同好の友と交わり酒を愛し、人生を楽んだと言われる。その生き方から「仙人画家」とも呼ばれた。

 

お客様も南あわじ市にお住まいの方で、親族の方が昔、懇意にしていた 増田千代松 に描いて頂いた作品との事です。ご依頼いただいた掛軸がこちら。

増田千代松 掛軸 淡路 〆直 修理 仕立替 表具

 

水墨山水図ですが細かい線の描写と墨の淡い滲みを巧みに用いた表現が秀逸ですね。余白で表現された川の流れにもセンスを感じます。画面下部に人物を描く事により、雄大な大自然の営みと対比させた人間の日々の生活を鑑賞者に想像させるのもさすがですね。詩情感溢れる作品です。

 

作品自体は汚れやシミはなく、表装がくたびれて、折れが発生し始めている状態でしたので作品を解体し旧裏打紙を除去し、新たに表装をし直しました。

増田千代松 掛軸 淡路 〆直 修理 仕立替 表具

元の表装の裂地に近い風合いの裂地にて再表具いたしました。作品が墨の山水であり、縦に長い構図なのであまり色や柄が強くなりすぎると細やかな描写と喧嘩をすると感じましたのでなるべくシックな選定にいたしました。

さっそく 南あわじ市 のご自宅の方まで納品にお伺いさせていただきました。

地元作家の掛軸は他の作品とは違い、格別な思い入れがあるものなので綺麗に仕立替されてお客様も大変ご満足されていました。

ご依頼ありがとうございました。

弊社は遠方にお住まいのお客様の掛軸仕立替のご相談も承っております。掛軸の修理をご検討でしたら是非弊社までご用命下さい。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)