破れた和紙 の作品を繋いで掛軸表装 | 姫路市のお客様より

姫路市 掛軸 書 表装 和紙 破れ

姫路市

和紙に描(書)いた作品が何かの拍子に破れてしまったというご相談をたまにお伺いする事があります。仮巻に固定していた物が何かにひっかかってしまい破れてしまう事があるようです。

今回は姫路にお住まいのお客様よりご相談です。以前、鯉の掛軸のシミ抜・仕立替をご依頼いただいたお客様です。(その時の記事はこちらをご参照下さい。)

こちらが今回ご相談いただいた作品になります。百人一首のお気に入りの和歌を書かれた作品なのですが、右下の部分が上記でご説明したような状況になってしまっています。

姫路市 掛軸 書 表装 和紙 破れ

 

右下の部分が完全に破れてしまっていますね。仮巻は作品の保管や鑑賞の面で非常に便利なのですが、扱い方を誤るとこういった事が起こってしまいます。

姫路市 掛軸 書 表装 和紙 破れ

右下拡大図

 

今回は作品同士が綺麗に破れてくれていたので裏打する際に破れた部分をぴったりとあわせて裏打をしました。こちらが表装し終わった掛軸です。

姫路市 掛軸 書 表装 和紙 破れ

右下の破れていた箇所がパッと見ではわからないくらいになりました。 破れた和紙 は繊維の毛羽同士を重なり合うように継ぎ合わせる事で継ぎ目の段差が緩和されます。このような和紙の特徴を活かした継ぎ方を喰い裂き継ぎ(くいさきつぎ)と言います。

納品にお伺いすると綺麗に継がれた作品にお客様自身驚かれておりました。

「よ~く見てみなわかりませんな。これはすごい!」

とお褒めの言葉も頂戴いたしました。ありがとうございます。

 

作品を描いた和紙が破れてしまった時のご相談は是非弊社までお問い合わせ下さい。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)