書 「積善之家有餘慶」の掛軸仕立替 | 神戸市西区 のお客様

神戸市 神出 掛軸

神戸市西区

今回は兵庫県の 神戸市西区 からの掛軸表装の仕立替依頼。神戸市西区 は

垂水区と同様に明石郡に属していた地域で、隣接する明石市とも結びつきが強い。かつては田園地帯・公共交通の空白地域であったが、野田文一朗が明石平野に新都心が計画することを構想し、1965年の市議会で原口忠次郎が宅地計画を挙げたことから、1970年頃から、神戸市中心部のベッドタウンとして開発が進み、西神ニュータウンや押部谷地域・玉津地域を中心に大きく様変わりし、同時に公共交通の敷設計画をした区である。神戸市の新たな文化、教育の集積地としての期待がかかり、現在のところ神戸市9区で最も人口が多く、市の3割近い面積を当区が占める。1982年(昭和57年)に垂水区から分区した、神戸市で一番新しい行政区であり、神戸市の西側に位置することから西神と呼ばれる。(Wikipedia より抜粋)

 

とありますが、のどかな田園風景も未だ多く残っています。特に今回ご依頼いただいたお客様がお住まいの神出地域は雄岡山(おっこさん)と雌岡山(めっこさん)の麓沿い印南野台地・印南台地にある田園地帯であり、農村地帯になります。神戸市と一口に言ってもそれぞれの区によって特徴が違うので面白いですね。

こちらが今回仕立替をご依頼いただいた掛軸になります。書の内容は「積善之家有餘慶」という中国の有名な故事成語。「せきぜんのいえにはよけいあり」と読みます。意味は「善行を積み重ねた家には、その報いとして必ず幸せが訪れる」。

積善必有余慶 掛軸 西区 修理 仕立替 表装

 

随分とシワがいってしまっていますね。お客様のご先祖様が大切にされていた掛軸のようで、書の内容をとても気に入っておられたそうです。確かに家訓としても良いようなすばらしい内容ですね。再び飾って頂けるようしっかりと再表具させていただきました。

積善必有余慶 掛軸 神戸市西区

スライドショーには JavaScript が必要です。

シワもしっかりと伸びました。

お客様の所に納品にお伺いすると

「今は亡きお爺さんも喜んでくれていると思います。この言葉の通り善行を積んで行きたいと思います。ありがとうございました。」

と喜んでいただけました。早速床の間に飾って下さいました。

ご依頼まことにありがとうございました。

弊社は遠方の方からの掛軸の修理・仕立替相談も承っております。ご相談は是非弊社まで宜しくお願いいたします。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)