西国三十三ヶ所 納経軸の掛軸表装依頼 | 明石 市

西国三十三ヶ所 納経軸 掛軸表装

日本最古の巡礼路として有名な 西国三十三観音霊場。2018年は草創1300年の記念の年として各札所で普段見る事が出来ない仏像や場所を特別拝観として開放しています。特設専用ページも開設されているので受け入れる側にも気合が感じられますね。この機会に巡られる方も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな西国三十三観音霊場巡りをされた兵庫県の 明石 市 にお住いのお客様より納経軸の掛軸表装依頼を承りました。明石 にお住いの方は弊社の方にご来店される方も多いのですが今回は若干加古川寄りのご遠方だったのとお互いのスケジュールの関係でご自宅にお伺いさせていただくことになりました。

 

 

明石 市

明石 魚の棚

明石 と言えばやはり「魚の棚」(うおんたな・「うおのたな」或いは「うぉんたな」とも)が有名ですね。明石市本町一丁目にある商業地区で鮮魚店が多いのが特徴。年末になると大売出しの旗が商店街を埋め尽くして威勢の良い声が飛び交う事で有名です。漁師町の明石を象徴する光景なので是非年末に明石の近くに来られる方はお立ち寄りください。

今回は魚の棚よりも随分と西の方の加古川寄りの住宅地にあるお客様のご自宅にお伺いさせていただきました。私が高校生くらいの頃はこの一帯は緑あふれる田園風景だったのですが今はすっかり住宅地として様変わりしています。お客様はその頃からこのエリアにお住まいだったようで昔のこの土地の様子を色々と教えてくださいました。

今回は弊社の佛表装パターンNo.5の「蓮華・本仏仕立」にて軸装させていただきました。仕上がった掛軸がこちらです。

西国三十三観音 納経軸 掛軸 表装 蓮華

 

蓮華柄は昔から仏表装の裂地としてよく用いられてきました。蓮の花は泥の中でも美しい花を咲かせますが、その姿が煩悩(泥)の中でも悟り(花)を開く事が出来る象徴として仏教を象徴する花として考えられてきた事が影響しているのでしょう。

お客様にも大変喜んでくださいました。この度は掛軸表装のご依頼ありがとうございました。

弊社は 西国三十三ヶ所 などの霊場集印軸の表装を承っておりますので是非ご用命ください。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)