小林太玄 / 一期一会 - いちごいちえ

商品ID
0184
商品名
小林太玄
作家紹介

 

臨済宗大徳寺派大本山
龍宝山大徳寺塔頭
黄梅院二十世住職

昭和13年
奉天に生まれる

昭和36年
花園大学卒業
相国僧堂に掛塔
大津暦堂に参禅

昭和50年
京都大徳寺塔頭黄梅院住職に就任

サイズ
615mm x 1950mm
軸先
陶器
作品の素材
和紙
在庫
商品紹介

一期一会(いちごいちえ)とは、茶道に由来する日本のことわざ・四字熟語である。
茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味する。
茶の湯が全盛を極めた戦国時代は現代よりも死を身近に感じる激動の時代であった事もこの言葉や精神性が生まれる背景にあったと考えられる。

日本人の美意識には「無常」と呼ばれる仏教の根本的な考え方が存在する。
「無常」はこの現象世界のすべてのものは消滅して、とどまることなく常に変移しているということを指す。
日本人が桜を愛してやまないのは、そこに常なき様、すなわち無常を感じるからとされる。
「永遠なるもの」を追求し、そこに美を感じ取る西洋人の姿勢に対し、日本人の多くは移ろいゆくものにこそ美を感じる傾向を根強く持っているとされる。

「一期一会」はまさにこの「無常」という美意識から生まれた語である。
「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのもの。だからこそ、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしよう」という意味が込められている。

本作品は臨済宗大徳寺黄梅院住職である小林太玄の「一期一会」の作品である。
筆をとり、揮毫を行うのも同じ瞬間は無く、同じ作品はない。揮毫に臨むその心境は茶会における一期一会の心境とまさしく同じものであろう。
勢いよく一気に書かれたその作品からは、茶道に通じ一期一会の意味を熟知している小林太玄の覚悟とも言える気持ちを感じ取る事が出来る。
一文字目と三文字目の同じ「一」の文字に変化があるのもそういった心情が影響してかと想像すると大変興味深い。

小林太玄 / 一期一会 - いちごいちえへ問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ必須
添付ファイル
※各ファイルは3MBまで



 

確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください。

 

自動返信メールが届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性がございます。
ご確認の上、もう一度ご入力ください。

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)