佐藤隆良 / 落柿舎 - らくししゃ

商品ID
0183
商品名
佐藤隆良
作家紹介

1950-
福島県生
日本美術院 特待
師: 平山郁夫
院展奨励賞3回
無鑑査2回
入選19回

サイズ
475mm x 1760m
軸先
象牙代用
作品の素材
麻紙
在庫
商品紹介

京都の嵯峨野は、古来より風光明媚な土地として貴族や文人達に好まれてきた。
そんな嵯峨野ののどかな田園風景に溶け込むように静かに佇んでいる小さな庵「落柿舎(らくししゃ)」。
俳聖として世界的にも知られる松尾芭蕉の愛弟子である向井去来(むかいきょらい)が住んだ草庵である。
一切の華美を取り去り、今にあるような簡素な草庵に建て替えた庵を松尾芭蕉は大変好み、生涯三度もこの庵を訪れ滞在し、嵯峨嵐山の名所名刹を巡り多くの作品を残した。以来、落柿舎は「俳諧道場」として世に聞こえ、今も風雅を愛する多くの人々に親しまれている。

本作品は佐藤隆良によって描かれた落柿舎の図である。
佐藤隆良の落ち着いた淡い墨の表現が落柿舎の落ち着いた佇まいを見事に描き出している。
松尾芭蕉、向井去来の俳諧の世界を佐藤隆良も十二分に感じ取り、自らの作品に表現しているようである。

現在は落柿舎の象徴として入り口に常に掛けられている蓑と笠だが、淡い金彩で描写された本作品からは古臭さは感じず、まるで庵主である向井去来が今でも生活をしているかのように感じ取れるのが大変印象深い。

佐藤隆良 / 落柿舎 - らくししゃへ問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ必須
添付ファイル
※各ファイルは3MBまで



 

確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください。

 

自動返信メールが届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性がございます。
ご確認の上、もう一度ご入力ください。

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)