西国三十三ヶ所 納経軸の掛軸表装依頼 | 尼崎市 より

尼崎市

私は前職時代は尼崎に配属され約3年間をこの地で過ごしました。以前の記事で少しご紹介させていただきました。

学生時代を終えて、社会人としての基礎を叩き込まれた時期を過ごしたこの地には良い思い出も苦い思い出も沢山残っています。(本当によく当時の上司には怒られました。自分も上司になってみて怒るのも大変な事なんだというのを身に染みて感じるようになりました。)

そんな尼崎の地ですがお勧めは阪神尼崎から続く商店街です。なんというか…何が売りというものはないのですがどこか中毒性のある突っ込み所の多い雑多な感じがとても楽しかったです。そして自分が欲しいと思うものの大概はこの商店街で見つかる…いや、むしろまったく買う予定してなかったものでも魅惑的なマジックにコロリと買ってしまうあの不思議な感覚は忘れられません。もし尼崎の近くにご用がございましたら是非一度お立ち寄りください。粉もの屋さんも沢山あったと思うのでそちらもよろしければどうぞ。

さて、前置きが長くなりましたが今回はそんな 尼崎市 にお住いのお客様より西国三十三ヶ所納経軸の表装依頼でした。

商店街の近くのご自宅だったのでちょろっと商店街をぶらっとしてきましたがやはり面白い商店街ですね。一日中探索していても飽きなさそうなそんな感覚がとっても好きです。

お客様のご自宅にお伺いしても表装のお話しよりもどちらかというと商店街の話ばかりしてしまいました…というかお客様自身の商店街愛、いやむしろ尼崎愛が強かったです。こんな人情味あふれる所も尼崎の好きな所です。

今回は弊社の仏表装パターンNO.11の「復元織」にて表装させていただきました。

中の観音がとても落ち着いた色合いでしたのでこの落ち着いた復元織の裂地をお勧めしたらお客さんが

「おっしゃ、兄ちゃんが言うんならこれにしとこ!」

と決めてくださいました。(兄ちゃん…まぁまだ若く見られるという事でポジティブにとらえます。)

仕上がりの掛軸はこちらです。

西国三十三ヶ所 納経軸 掛軸 表装 尼崎市

 

 

やはり想像していた通り中の観音の雰囲気とバッチリと合って落ち着いた風合いになりましたね。

お客様も

「おっしゃ!ええ出来や。兄ちゃんのお勧めが良かったな!」

と喜んでくださいました。(兄ちゃん…やっぱり慣れない(;´・ω・))

この度は弊社に西国三十三ヶ所の掛軸表装をご依頼いただきありがとうございました。

弊社は遠方のお客様のご自宅でも出張対応承っておりますので是非ご用命ください。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)