日本の自然観

日本の自然観

国土の大半が温暖湿潤な気候帯に属し、春夏秋冬がはっきりと推移するこの国においては、この気象条件から、稲作による定住生活が生活の基盤となった。それゆえ、この国に住む人々は四季の移ろいに敏感で、穏やかではあるが自然に対して感受性の鋭い国民性が育まれた。また、周囲を海に囲まれ孤立した島国であることで、他民族との接触に一定の制御が加えられ、前記の特質に加えてさらに、独特の豊穣な文化を醸し出す下地ともなってきた。

spring summer autumn winter

 

自然は人々に恩恵をもたらすとともに、時には人に危害を及ぼす。それ故、日本人は自然を愛すると同時に恐れ敬ってきた。自然を支配しようとするのではなく、自然に従い怒らせないようにするというのが基本的な考え方であると言える。これはキリスト教的な自然を支配しようとする考え方とは根本的に異なっている。言いかえれば、日本人にとって自然は人間を包み人間と共存していくものである。その考えが日本の宗教である神道へとつながっていった。

神道

厳島神社

神道とは日本で一番古い宗教であり、シャーマニズムやアニミズムといった自然崇拝、精霊崇拝である多神教に基づく。神道では神がどこにでも存在する。山、岩、川、木、鳥、動物そして人間にも・・・。神と人間とを結ぶ具体的作法が祭祀であり、その祭祀を行う場所が神社であり、聖域とされている。多彩な日本人の美意識はこのような自然観に由来するものが多いので、自然観を抜きにして日本人の美意識を理解する事は不可能と言える。

日本の美意識: 各要素

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)