佐用町 から西国三十三観音霊場納経軸表装依頼

佐用町 ひまわり

佐用町 南光町のひまわり畑

兵庫県の 佐用町 は岡山県に隣接する西播地域の西北部。豊かな自然が美しく、夏のひまわりと夜空の天体観測が有名なエリアです。

2009年の夏にゲリラ豪雨により川が氾濫を起こし甚大な被害を受けた地域でもあります。(兵庫県西・北部豪雨)私も当時ボランティア活動に参加し、救援物資の運び込みや泥かきをしにいったのですが大変な状況でした。泥が家の中にまで入ってくるというのは本当に想像を絶するような被害なのだとその時痛感したのを覚えております。
今ではやっと平常を取り戻し、被害に遭われていた街も綺麗に復旧してきました。

今回はそんな佐用町にお住いのお客様より西国三十三観音霊場巡りの表装依頼を承りました。まくりは西国三十三観音霊場の番外になっている花山院のご住職が描いた観音図のまくりでした。(他の花山院のご住職のまくりはこちら。)

 

今回は弊社の仏表装パターンNO.10の醍醐にて掛軸表装させていただきました。

佐用町 西国三十三ヶ所 納経軸 掛軸 表装

 

渋い色合いの大柄の蜀江紋が特徴的な裂地です。お客様は当初NO.07の青春日と迷われていたのですが

『それだったら絶対にNO.10の醍醐の方が良く映りますよ』

とご提案させていただいたのですが、お客様も仕上がりを確認し、

『本当にこっちにして良かったわ〜。床の間に重厚みが出た感じがしますわ〜』

と喜んでいただけました。

この度は弊社に表装をご依頼くださりまことにありがとうございました。

弊社は遠方でも出張相談対応いたしております。佐用町で掛軸や表装などにお困りの際は是非ご相談下さい。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)