法華曼荼羅 (日蓮曼荼羅) の掛軸修理 | 高砂市

法華曼荼羅 掛軸 修理

法華曼荼羅 (日蓮曼荼羅) の掛軸修理 | 高砂市

掛け軸は行事によって掛け替えられるもので仏事に飾られる掛軸を総称して「佛事掛」と言います。

各宗派によって飾られる物が違うのですが、日蓮宗の方は南無妙法蓮華経と書かれた掛軸を飾るのが一般的です。(「七字題目」や「お題目」等とも呼ばれますね。)

「南無妙法蓮華経」は「法華経の教えに帰依する。」という意味の7文字の漢字。「南無」は「信仰する、帰依する」という意味を表し、「妙法蓮華経」は法華経を意味します。

佛事掛の多くは佛事の時に使用されるので、どうしても線香の煙が触れたり灰が付着しやすい宿命にあります。よほどでなければそれ程掛軸に影響が出ることはないのですが、中には長時間その状態にしていた為、煤汚れやシミなどが大量に発生してしまっているお客様もいらっしゃいます。

今回は兵庫県高砂市にお住まいのお客様からそんな「 南無妙法蓮華経 」の掛軸のご相談を承りました。こちらがご相談いただいた掛軸です。

南無妙法蓮華経 掛軸 修理

 

法華曼荼羅なのですが長期間仏壇の横で使用してしまっていた為にスス汚れやシミが随所に発生してしまっています。

残念なことに大切な文字の一部が欠損してしまっています。このまま放置しておくとこの欠損部分がどんどん広がっていき、取り返しのつかない状態になってしまいます。

法華曼荼羅 掛軸 修理

 

お客様と修理方針を打ち合わせし、今回は全体の煤汚れの洗浄、シミ抜き、破損箇所の補彩を行う事といたしました。本紙が大変弱っている状態ですので慎重な作業が必要になります。

 

法華曼荼羅 掛軸 表装オペレーション

今回の大まかな再表具のオペレーションの流れは以下です。

作品解体 (古い裂地や軸棒などを取り外していきます。)

旧裏打紙を除去 (業界用語で「めくる」という作業)

作品洗浄 (汚れ落とし)

シミ抜き (洗浄では落ちないシミの除去)

補彩 (「無」の字の部分)

裂地選定

(今回は弊社の佛表装パターンNO.05の蓮華本仏にて承りました。)

再表具

 

修理完了

こちらが修理が完了した掛軸です。見違えるほど綺麗によみがえりました。

南無妙法蓮華経 掛軸 修理 シミ アフタ

 

Before → Afterで見比べてみるとその違いが良くわかります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

補彩をした欠損部分も自然な風合いでよみがえりました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

お客様は修理した掛軸をご覧になると大変喜んでくださり、また佛事の時に飾って下さるそうです。(もちろんその際は飾りっぱなしにせず季節や行事によって掛け替えていただくようご提案させていただきました。掛軸は掛けっぱなしとしまいっぱなしが良くないと昔から言われており、「軸休め」という言葉もあるほど定期的に掛け軸を交換することが大切と言われています。)

煤や灰で汚れてしまった掛軸修理のご相談はぜひ弊社までご相談ください。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)