中国のお土産 の掛軸修理: 葡萄 | 上郡町

中国 掛軸 市場

中国のお土産 屋 (掛軸)

掛軸は古くは中国から仏教と共に伝わってきたものです。本場の中国に行くと掛軸を飾っている場所を非常によく見かけます。市場のお店で販売している所も多くあり、品質の程度は置いておいて凄い量の掛軸が所狭しと飾られています。私も中国の西安に2018年のゴールデンウィークに行ったのですがその物量に驚きました。(さすが本場だなぁと感心したのも覚えてます。パンダの掛軸とか面白かったなぁ〜)

中国 西安 書院門 掛軸

中国の市場で掛軸が売られている風景

 

中国のお土産 掛軸

中国に旅行に行かれてお土産として掛軸を購入される方も非常に多いようです。今回はそんな中国に旅行に行かれた際に購入された掛軸の修理相談を兵庫県上郡町にお住まいのお客様からご依頼いただきました。

ご依頼いただいた修理の掛軸はこちらの葡萄の掛軸です。

中国のお土産 掛軸 葡萄

表装がいかにも中国っぽいですね。中国の表装の特徴として、一概には言えませんが原色の裂地を使っている場合が多いように思います。軸先も大きく太い物を使用している場合が多いように思います。こちらの掛軸ですが下の軸棒の部分の表装が破れてしまっています。

中国の掛軸 軸棒外れ

 

中国製掛軸の仕立替なのですが、中国は表装の糊が非常に硬く剥がすのに苦労する場合が多くあります。日本の掛軸は再表装する事を前提に作られている為、比較的糊は薄く柔らかい物を使い剥がしやすくしているのですが中国の場合はあまりそういった習慣がないのか非常に硬い糊を使っている場合が多いです。

硬い糊の旧裏打ち紙を除去する場合、通常よりも時間をかけて糊を出来るだけふやかしてめくっていかなければなりません。それでもなかなか剥がれないので少しずつしか剥いでいく事が出来ない為、大変手間がかかります。無理に剥がそうとすると作品まで旧裏打紙にくっついてきてしまい破れてしまうので集中力を持続し続けなければならない大変な作業です。旧裏打紙除去の様子はこちらの動画をご覧ください。

 

修理完了

今回も随分と時間をかけ、慎重に旧裏打紙を除去し、中国のお土産 の掛軸を仕立替いたしました。

中国 掛軸 after

 

今回は日本の通常使用される大和表装(三段表装、行の行)にて仕立替をいたしました。掛軸の形式についてはこちらのリンクをどうぞ。

お客様のご自宅にお届けするとご夫婦の旅行の思い出の品だったので大変喜んでくださいました。弊社にご依頼くださりありがとうございます。

弊社は遠方のお客様のご自宅でもお伺いすることが可能です。上郡町にお住まいのお客様で中国の掛軸修理のお客様はぜひ弊社までご相談ください。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)