巻物製作 のご依頼 | 多可町の寺院より

巻物製作

巻物製作依頼

 

巻物は掛軸と構造が似ていますが用途が異なります。掛軸は縦に開いていき飾って楽しむのに対して巻物は横に開いていく読み物のような存在です。

掛軸: 縦に開いて飾って楽しむ物

 

巻物: 横に開いていく読み物

 

巻物には絵巻物のように鑑賞して楽しむものもありますがどちらかというと保存の意味合いの物の方が多いように感じます。

いくつもの作品をつなげば一つにまとめる事が出来、巻いて収納が出来るので保管に便利です。

忍者が持っているイメージも強いですね。

最近では 巻物製作 の依頼も減りましたが今回はそんな 巻物製作 のお話。

 

江戸時代の作品を 巻物製作

以前掛軸の表装仕立替をさせていただいた兵庫県多可町の寺院からご相談があり、お寺に残された作品を巻物にしたいとの事でした。

 

こちらがご相談を受けた作品。天明三年(癸卯)とあるので1783年の江戸時代中期〜後期の作品。古いですね〜、さすがお寺さんの所蔵品です。

巻物製作

 

随分と傷みが進行していますね。虫食いの跡も見受けられます。裏打が既にされているのでそれを剥がさなければなりません。作品の状態が良くないので慎重にめくっていかなければなりません。

巻物製作

 

旧裏打紙除去、裏打については以下の動画をご参照ください。

 

 

巻物製作完了

こちらが完成した巻物です。随分と傷んでいましたが無事に旧裏打紙の除去も行い、完成いたしました。

巻物製作

 

お客様も喜んで下さり、新たな掛軸表装のご依頼も頂戴いたしました。ありがとうございます。この掛軸表装のお話はまた次回ご紹介させていただきます。

頂相

 

巻物製作 のご相談がありましたら是非弊社までご相談下さい。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)