五穀豊穣を願い常時掛として飾られる天照皇大神の掛軸 | 丹波篠山市

丹波篠山市 にお住いのお客様より天照皇大神の掛軸修理ご相談

日本の最高神である天照大御神は太陽の神として考えられている為、五穀豊穣を願い農家をされている方の床間に常時掛として飾られている場合が多いです。

 

今回はそんな 丹波篠山市 (旧篠山市)にお住まいの農家のお客様から古く傷んだ天照大御神の掛軸修理のご依頼を頂戴いたしました。お預かりしましたのがこちらの掛軸。

丹波篠山市 天照皇大神

 

『照』の文字が大きく裂けてしまっている酷い状態です。その他にも破損箇所が複数あり、今すぐ修理を行わなければならない危険な状態でした。

丹波篠山市 天照皇大神

丹波篠山市 天照皇大神

 

旧裏打紙を除去してみると幸いにも欠損箇所がほとんど無く上手くつなぎ合わせた状態で新しい裏打を行えば最小限の補彩作業で済みそうです。

 

破れている箇所には肌裏打を行った後ろ側から折れ伏せと呼ばれる薄い和紙を接着させ補強をして再発防止に努めます。折れ伏せの様子は下の動画をどうぞ。

 

こちらが修復が完了した掛軸。見比べてみるとしっかりと修復が行われ、自然な形で仕上がっているのがわかります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

一文字には天皇家の紋である菊が織り込まれた裂地を使用させていただきました。

 

弊社では遠方への出張相談も承っております。丹波篠山市 で掛軸や巻物、額、屏風、衝立などの表装修理で悩まれていらっしゃる方は是非弊社にご相談下さい。

 

もし掛軸にシミが発生してしまっていたらこちらの掛軸のシミ抜き作業の動画をご参照ください。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)