高砂 の画題はいつ頃から描かれるようになったのか?

高砂 掛軸 修理 相生市

高砂 の掛軸は結納や長寿の祝いの席でよく飾られる慶事掛です。古くは兵庫県高砂市にある高砂神社に伝わる言い伝えから始まり、そこから翁と姥が描かれた掛軸を床の間に飾る風習につながりました。一般的にこの翁と姥が描かれた掛軸を『高砂』の掛軸と表現します。

この高砂の掛軸ですが一体いつ頃から一般的な画題として描かれるようになったのか?

私が今まで受けた古い掛軸の修理では昭和初期頃に描かれた作品が多かったのでその頃から一般的な画題となったのではないかと考えていました。

しかし今回お客様の骨董品のコレクションを拝見させていただく中で、今までで一番古い高砂の掛軸を確認する事が出来ました。その掛軸がこちらです。

長安義信 高砂 掛軸

作者は長安義信という江戸時代に赤穂藩に仕えた絵師です。以前長安義信についてご紹介した記事がありますのでよろしければこちらを参照してください。

長安義信の生没(1788-1868)から推測するとおそらくこの作品は江戸時代後期の作品。これは江戸時代の後期〜末期には高砂が画題として存在していたという事を示す稀少な資料と言えるでしょう。(もちろんこの時代の高砂の掛軸の数はそれほど多くないので一般的な画題ではなかったのかもしれませんが。)

現代ではよく描かれている高砂の掛軸とは随分雰囲気が異なりますが、その時代の味というものを感じる事が出来るので面白いですね。

私が今まで見てきた中で1番古い高砂の掛軸はこちらになりますがどの画題がいつ頃から描かれるようになったのかなどについては興味深いところですので今後も調べ続けていこうと思います。

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)