越後三十三観音霊場 納経軸の掛軸表装依頼

越後三十三観音霊場 掛軸

全国には色々な観音霊場があり、その中のいくつかでは集印を行っており霊場集印軸(納経軸)をされる方もいらっしゃいます。有名所では西国、秩父坂東がそうですね。弊社では出雲三十三観音霊場の軸装も承った事がございますが今回は「 越後三十三観音霊場 」の軸装依頼をお受けいたしました。

以前、越後三十三観音霊場の納経帳を屏風に仕立てたのをご紹介いたしましたが今度は軸装です。こちらが越後三十三観音霊場の納経軸のまくりです。

越後三十三ヶ所 掛軸 表装 納経軸

 

こういった全国区ではない霊場集印軸を表装する際に一番気をつけないといけないのは「色止め」作業です。表装をする際には水を大量に使う為、膠が効いていない寺院の部分は滲んだり墨や朱肉が広がったりしてしまいます。これを防ぐ為に「色止め」という墨と朱肉を定着させる作業を行います。1回の色止め作業で綺麗に止まれば良いのですが、なかなか止まりにくい(膠が全く効いていない)場合もあるので複数回行い少しずつ定着させていく事が大切なので非常に時間のかかる作業になります。

 

霊場集印軸の肌裏打の様子はこちらをご参照ください。

 

越後三十三観音霊場 納経掛軸 完成

こちらが完成した 越後三十三観音 の掛軸です。無事に色落ちがする事もなく軸装する事が出来ました。

越後三十三観音霊場 納経軸掛軸表装

 

今回は太巻仕様で箱書の方も弊社の契約書道家の方に書いていただきました。

越後三十三観音霊場 箱書

 

全国には様々な霊場がございます。もしかしたらこの記事をご覧になられている皆さんの家のご近所にも札所があるかもしれませんので一度調べてみても面白いかもしれませんね。

興味がある方は霊場巡りをしてみるのも楽しいかもしれません。掛軸表装のご相談は是非弊社までお問い合わせください。

 

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)