古い 桐箱 再利用

古い掛軸の修理を依頼される時に桐箱がボロボロになってしまっている場合がたまにあります。きちんと箱書もされているのでそのままその桐箱を使いたいけど箱が割れてしまっていたりしてどうしようもないと悩んでいらっしゃる方がいらっしゃいます。

そんな方に朗報です。

実はこの桐箱の蓋だけ新しい桐箱に移植する事が可能なのです。

意外に知られていないんですね・・・これ。

 

古い桐箱の蓋を切り取って新しい桐箱の蓋も同じ大きさだけ切り取ってはめ込むんです。なかなかな高等技術ですが桐箱屋さんはさすがです。日本の匠の技はすばらしいですね。

 

こういった形になります。

桐箱修復001   桐箱修復003

 

UPにするとこんな感じです。古い桐箱と新しい桐箱は色が違うのでよくわかりますね。

桐箱修復002

 

古い 桐箱 の箱書の部分をきちんと残しながら桐箱の機能だけはきちんと新しいものにするという方法です。

桐箱修復004

桐箱の修復でお困りの方は是非お問い合わせ下さい。


CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)