霊場 集印 その他表装一覧

集印 風景集印 (しゅういん)とは、旅行に関する趣味の一つで、神社や寺院の御朱印、あるいは観光名所の記念印を参拝・訪問記念に押して集めることを言います。普通は社寺の場合を言い、俗に「朱印集め」とも呼ばれます。

 

日本では全国にさまざまな霊場があり、巡礼をした際に様々な物に 集印 を行い作品に仕立てたり、巡礼の際に各寺院で貰う札などを集めて作品に仕立てたりします。

 

西国三十三ヶ所や四国八十八ヶ所などが有名な霊場で、これらを巡る際に納経軸と言われる無地(真ん中には観音や弘法大師などが描かれている場合が多い)の絹に集印を行い掛軸にする事が多いです。

 

納経軸の詳しいサンプルは下記ページをご参考下さい。

霊場集印 掛軸表装一覧

 

納経軸の表装は一般的ですのでご存知の方も多いかもしれませんね。

また、納経軸でも少し変わったこういったものもあります。

西国三十三ヶ所 御詠歌 軸装
 

普通の集印軸ではなく、御詠歌(ごえいか)と呼ばれる仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌と成して、旋律=曲に乗せて唱えたものを集めたものです。

 

 

しかもそれの大巾(たいふく)バージョンなんていうものもございます。

 

西国三十三ヶ所 御詠歌 大巾
 

かなり大きめサイズになり迫力がありますねぇ。

 

こういった納経軸でも様々な種類があるのですが、実はそれ以上にもっと様々な作品の仕立が集印関連ではあるのです。

 

今回は、納経軸以外にも様々ある集印関連の作品例をご紹介させていただこうと思います。

 

 

1、西国三十三ヶ所 額装 縦

 

西国三十三ヶ所 額装 縦
これは普通の西国三十三ヶ所の納経軸を縦額にしたものです。額装にしてもなかなかこれはこれで趣がありますね。

「玄関正面などにど~んと飾りたい。いつでも観音を見ていたい」という要望からこういった仕立をご希望されました。

 

 

 

2、西国三十三ヶ所 額装 横

 

西国三十三ヶ所 額装 横
これは西国三十三ヶ所の元々額装用のまくり(本紙)があって、それを巡ってきたものを額装に仕立てたものです。

横の額装は西国ならではでしょうね。四国だと88ヶ所もあるので寸法的に一般の家庭には収まらない大きさになるので・・・(汗)

 

 

3、西国三十三ヶ所 御詠歌札 額装 縦

西国三十三ヶ所 御詠歌 額装 縦
西国三十三ヶ所の御詠歌を記した札を集めて額装にしたものです。霊場ではよく「○○○記念」などの節目の年に特別にこういった札を配る事があります。

 

 

4、西国三十三ヶ所 御詠歌札 額装 横額

西国三十三ヶ所 御詠歌札 額装 横
上記の西郷三十三ヶ所の御詠歌札を横にしたものです。カラフルで良いインテリアにもなりますね。

 

▲TOP

 

5、西国三十三ヶ所 納経帳 枕屏風

西国三十三ヶ所 納経帳 枕屏風
納経帳といって集印をする時の最もポピュラーなグッズです。今回は帳面を解いて二曲の枕屏風にいたしました。

 

納経帳・朱印帳屏風

 

 

 

 

6、西国三十三ヶ所 納経帳 屏風 縦

西国三十三ヶ所 納経帳 屏風 縦
西国三十三ヶ所の納経帳を解いて縦長の屏風仕立にしたものです。

 

 

 

 

 

7、西国三十三ヶ所 納経帳 屏風 縦 / 観音・名号付

西国三十三ヶ所 納経帳 屏風 観音
西国三十三ヶ所の納経帳を屏風仕立にしたもの。西国三十三ヶ所の場合、納経帳の種類によっては枚数が綺麗に2で割り切れない場合があるのでその場合はこういった観音や名号を入れて左右のバランスを整える。

 

 

▲TOP

 

 

 

8、四国八十八ヶ所 御影札 軸装

010%e5%9b%9b%e5%9b%bd%e5%85%ab%e5%8d%81%e5%85%ab%e3%83%b6%e6%89%80%e3%80%80%e5%be%a1%e5%bd%b1%e6%9c%ad%e3%80%80%e8%bb%b8%e8%a3%85
四国八十八ヶ所(お遍路さん)を巡ると御影札(おみえふだ)と呼ばれる小さい札を貰う。それを88枚あわせて掛軸にしたもの。

 

 

 

 

9、四国八十八ヶ所 御影札 額装 縦

四国八十八ヶ所 御影札 額装 縦
四国八十八ヶ所の御影札を縦の額装に仕立てたものです。こちらもかなり大きくなり迫力があります。家の広い空間などに飾ると一気に空間が神聖な感じになります。

 

 

▲TOP

 

 

10、四国八十八ヶ所 御影札 額装 横

四国八十八ヶ所 御影札 額装 横
四国八十八ヶ所の御影札を横に仕立てた物。これもかなり大きさサイズになります。約 180cm (横) × 60cm (縦) くらいの大きさになります。

 

 

 

 

 

11、四国八十八ヶ所 御開創1,200年記念 御影札 額装 縦

四国八十八ヶ所 御影札 額装 縦 赤
四国八十八ヶ所が開創1,200年を迎えた特別な年に配られた限定版の御影札を縦額仕様に。赤色がどうなるかと思いましたが意外に仕立ててみるとしっくりきます。もっと重々しくなるかと思ったのですが部屋のインテリアとして飾ってもおかしくないデザインです。白色の梵字がデザイン性を高めていますね。

 

 

 

 

 

 

12、四国八十八ヶ所 御開創1,200年記念 御影札 額装 横

四国八十八ヶ所 御影札 赤 横額
こちらも開創1,200年の記念の御影札を額装にしたものです。

 

 

四国八十八ヶ所 ご開創1,200年記念 御影札 額装 横 リビング
実際に飾られている写真です。ちょうど額用のスペースを誂えたかのようにすっきりと収まりました。背景の壁紙が白いのでさらに映えますね。

 

 

▲TOP

 

 

13、四国八十八ヶ所 御影札 枕屏風

四国八十八ヶ所 御影札 枕屏風
四国八十八ヶ所の御影札を枕屏風仕立にしたもの。

 

 

 

 

 

 

14、四国八十八ヶ所 御影札 屏風 縦

6四国八十八ヶ所 御影札 屏風
四国八十八ヶ所の御影札を縦長の屏風に仕立てました。普通は枕屏風の方が一般的なのですがお客様の希望だったので縦長にて札の組み方を考え直して仕立てました。

 

 

 

 

 

 

 

15、四国八十八ヶ所 納経軸、御影札 特別屏風仕立 縦

四国八十八ヶ所 御影札、納経軸 屏風
これも変わったリクエストでした。完全に特注ですが、四国八十八ヶ所の掛軸のまくり(本紙)とカラーの御影札(確かこれも何かの時の記念の札)を二曲の屏風にして欲しいという依頼でした。最初は「???」と思っていましたが仕立ててみると確かにカラーの御影札が凄く綺麗ですね。それに対応する右のまくりもお互いを引き立てあって趣のある良い仕上がりになっています。これを最初からお客様は想像して依頼してきたのだろうか・・・素晴らしいですね。

 

 

▲TOP

 

 

 

16、四国別格二十霊場 御影札 額装 横

四国別格二重霊場 御影札 額装
空海(弘法大師)は四国に、四国八十八ヶ所のほかにも数多くの足跡を残しており、それらは番外霊場として人々の信仰を集めてきました。それらの番外霊場のうち20の寺院が集まって、1968年(昭和43年)に霊場として創設されたものが四国別格二十霊場(しこくべっかくにじゅうれいじょう)です。 四国八十八ヶ所に四国別格二十霊場を加えると百八となり、人間の百八煩悩と同じになることから「煩悩を滅するのもよし」と、この霊場を四国八十八ヶ所と合わせて参拝することが薦められています。

 

これは別格二十霊場を巡った際の御影札を額装にしたものです。小ぶりな額装なので飾る場所を気にしなくても良いです。

 

 

 

 

17、四国別格二十霊場 散華 額装 横

四国別格二十霊場 散華 額装
四国別格二十霊場を巡ると貰える散華(さんげ)を特別な台紙に貼り付け、額装に仕立てました。

散華とは元来は寺院で法要を巌修する時に、諸仏を供養するために撒かれれてた華を意味し、蓮弁をはじめとする生花が使われていましたが現在では蓮の形をかたどった色紙が代用される事が多くなっています。霊場を巡るとこの散華を頂くこともあります。

 

 

18、四国八十八ヶ所 御影札 衝立

四国八十八ヶ所 御影札 衝立
四国八十八ヶ所を巡ると貰える御影札。通常は白黒のものなんですが開創1,200年の記念の年はカラーだったようです。(有料で貰ったのかな??)

思い出のお遍路さんだったようで衝立にされたいとの希望で製作いたしました。

かなり大きめの衝立でアクリル入の特注です。

裏面にはご自身のお気に入りの作品を貼りこみ両面で使えるようにいたしました。もちろんこちらもアクリル入りです。

なかなか衝立仕様も見応えがありますねぇ。

 

19、十三佛霊場 納経帳 屏風仕立 横

十三佛霊場納経帳屏風
全国には十三佛霊場というものも存在しております。

近畿圏でも

 

 

 

 

 

 

などがございます。
十三佛霊場で多いのは集印軸の表装ですが、今回のように納経帳を作品にされたいという方もいらっしゃいます。
今回は二曲屏風にて仕上げさせていただきました。

 

 

 

20、越後三十三観音霊場 納経帳 金屏風 仕立 縦

納経帳 金屏風

全国にある観音霊場で 越後三十三観音霊場 の納経帳を屏風に仕立てました。

今回は金屏風の縦長が希望だったので左右のバランスを取る為に弊社の取引のある書道家さんに「南無阿弥陀仏」の文字を書いてもらい挿入しました。

縁は蓮華柄。縦約170cmもあるので豪華な仕上がりとなりました。

納経帳 を 金屏風 に仕立てる

 

 


 

いかがでしたでしょうか・・・色々なパターンがあったと思いますが、お客様のご要望次第では他にも色々な仕立てがあります。

弊社としても様々なご要望に応えていき、是非まだ見た事のない作品の形に触れてみたいと考えております。

これからも新しい仕立に挑戦したらここに掲載していこうと考えています。

お楽しみに・・・

 

▲TOP

CEO Message

あなたと掛軸との懸け橋になりたい


掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。

その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。

日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。



代表取締役社長
野村 辰二

(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)
会社概要

会社概要

商号
株式会社野村美術
代表取締役
野村辰二
本社
〒655-0021
兵庫県神戸市垂水区馬場通7-23
TEL
078-709-6688
FAX
078-705-0172
創業
1973年
設立
1992年
資本金
1,000万円

事業内容

  • 掛軸製造全国卸販売
  • 日本画・洋画・各種額縁の全国販売
  • 掛軸表装・額装の全国対応
  • 芸術家の育成と、それに伴うマネージメント
  • 宣伝広告業務
syaoku.jpg(120220 byte)
(ESC もしくは閉じるボタンで閉じます)